知ってて損なし!相続トラブル回避の秘訣

相続トラブル回避のために

相続とは、親が死亡したときに子供が権利と義務を引き継ぐことです。不動産、預貯金、金融証券などの権利だけではありません。借金があれば、それは払う義務も引き継ぎます。権利だけ相続して義務は放棄するということは許されません。死亡した人に子どもがいなければ、孫が、孫もいなければ、兄弟姉妹が相続人になります。財産のうち、どの関係の人がどれ位相続するのかは民法で決められています。しかしこれは、遺言者が残してあれば、自由に決める事が出来ます。どのような方法でも変更できない取り分も存在します。結婚相手がいれば、その人が半分を取り、残りを子供や孫などの相続人の人数で分けることになります。もし、お金もあるけど、借金の方が多くて相続したくないとなったら、3ヶ月以内に家庭裁判所に申し出る必要があります。これを相続の放棄と言います。

相続した財産が高額ですと、相続税を納める必要があります。具体的には、5千万円と相続人一人につき1千万円を超えると掛かってきます。奥さんと子どもが4人いる場合ですと、1億円までは税金は掛からないということです。財産が土地や家、株券などであまり現金がない時は、売って現金で納める必要がありますが、そのまま品物で納める物納も認められています。相続税を払うのを免れるために、会社を作って故人の財産を寄贈する人もいます。相続の手続きは自分で出来ますが、お金のことですから、もし兄弟姉妹でもめるような事があったら、専門家に頼むこともできます。一番の専門家は税理士です。他には、司法書士、もめ事が訴訟まで発展するようなら弁護士に依頼することになります。生きてる頃には思いも余らよらなかった問題に発展する場合もあります。それを避けるためには専門家に頼んで遺言書を残しておくことが有効です。何度でも書き直せますので、いつでも変更できますが、最新のものが有効になりますので、必ず日付を入れておく事が大切です。

Copyright (C)2014知ってて損なし!相続トラブル回避の秘訣.All rights reserved.